• パスワードをお忘れの方
  • 入会希望の方
  • サイトマップ
  • English
  • お問合せ

活動報告
 

2017年の活動報告

2017年7月7日 関西支部 報告者: 溝上 哲也

定例会(2017年6月)

日 本 商 標 協 会 関 西 支 部 第 278回 議 事 録

 

  1. 開催日及び場所

    平成29年6月28日(水)午後4:00~6:00  [大阪弁護士会館510号室]

     

  2. 出席者(順不同、以下敬称略)

    大塚理彦、金澤美奈子、足立勝、鳥山満、福永奈央子、岸本正子、大原登、木俣佐保子、石居天平、中山玲子、安田恵、天目明利、若林尚宏、齋藤整、洲崎竜弥、岸本仁一、松田さとみ、丸山由佳、両部美穂子、永田元昭、三山峻司、日比野敏郎、種市傑、長谷川勝彦、吉田忠弘、平野和宏、角野佑子、松田光代、柴田智香、石田知里、竹原懋、溝上哲也(以上、32名)

     

  3. 議事・報告事項

  1. 9月7日()及び8日()開催の浜松年次大会への出席要請を行った。

  2. 2018年2月8日()13時30分から30周年記念プレイベントとして、各部会・委員会の参加するワークショップが東京国際フォーラムで開催され、清水知財高裁長官の講演も予定されていることを告知した。

  3. 第1回及び第2回本部理事会の議事内容を報告した。

     

    4.例 会

    大塚理彦先生(大阪工業大学大学院知的財産研究科教授)を発表者として、「不使用取消審判における使用の意義」をテーマに、①問題の所在、②不使用取消審判における使用、③商標的使用の必要説と不要説、④識別能力と出所表示機能、⑤商標登録無効審判との関係、⑥商標権侵害訴訟との関係について、それぞれ判例・審判および文献を引用の上、詳細なレジュメに基づき、ご発表いただいた。

    発表後、出席者から、日頃の相談内容に即した様々な質問があったが、大塚先生からはレジュメに基づいて詳細な回答があり、出席者にとってたいへん有益な例会となった。

     

    5. 今後のスケジュール

    ・例 会  

      (1)平成29年7月24日(月)「パッケージデザインの保護」             

         発表者:山田 繁和大阪工業大学大学院 知的財産研究科 特任教授]

      (2)平成29年8月23日(水)「中国における模倣対策について」

         発表者:齋藤 浩二[株式会社アシックス]

                                                              記録(溝上 哲也)