• パスワードをお忘れの方
  • 入会希望の方
  • サイトマップ
  • English
  • お問合せ

活動報告
 

2018年の活動報告

2018年4月9日 関西支部 報告者: 溝上 哲也

定例会(2018年3月)

日 本 商 標 協 会 関 西 支 部 第 287回 議 事 録

 

  1. 開催日及び場所

    平成30年3月28日(水)午後4:00~6:00  [大阪弁護士会館920室]

     

  2. 出席者(順不同、以下敬称略)

    村井康司、戸川委久子、石田知里、山田健司、野村翔二、上田知恵、和田貴志、大塚由梨、角野佑子、笠木貴裕、陳林、永田元昭、長谷川勝彦、安東功雄、松村信夫、丸山由佳、井高将斗、柴田智香、渡邉香奈、溝上哲也(以上、20名)

     

  3. 議事・報告事項

  1. 第10回本部理事会の議事内容を報告し、5月30日の定時総会への出席を要請した。

  2. 日本弁理士会近畿支部主催の関西「知財の輪」セミナー・交流会に招待されたことを報告した。

  3. 本部役員推薦委員会の審議内容と次年度の関西支部の体制について報告した。

     

    4.例 会

    村井康司先生(新樹グローバル・アイピー特許業務法人 代表弁理士)を発表者として、「広州交易会等における模倣品撤去活動」をテーマに、①広州の現況と特許・商標の出願状況、②広州交易会の沿革、現状と知財保護の体制、③具体的な活動内容について、詳細なレジュメに基づき、解説していただいた。

    具体的な活動については、実際に対応されたご経験に基づき、①対象権利の確認、②相手企業のチェック、③スケジュールの設定、④代理人の選定、⑤書類の準備、⑥その後のフォローに言及され、実務上たいへん参考となる発表となった。

    発表後、出席者から各項目について、相次いで質問がなされたが、実務に即した忌憚のない回答があり、出席者にとってたいへん有意義な例会となった。

     

    5. 今後のスケジュール

    ・例 会  

      (1)平成30年4月25日(水)

    「刑事手続を活用した商標の保護」

    発表者:田上 洋平 先生[弁護士法人関西法律特許事務所 弁護士・弁理士]

      (2)5月 休会

      

                                                                  記録(溝上 哲也)